Cosmetic Company

紫外線対策方法

紫外線対策をする方法

紫外線には種類があり、UVAとUVBの2種類があります。

紫外線のほとんどがUVAと言われており、UVAのエネルギー力は弱いのですが、浸透力がとても高いため、表皮の奥の真皮まで紫外線が届いてしまいます。

真皮にある、弾力を作ってくれたり、ハリを保ってくれるヒアルロン酸やコラーゲンなどを作り出す、繊維芽細胞に被害が及ぶため、UVAを浴び続けてしまうと肌は老化していきます。

紫外線を浴びるとシワやたるみができやすいと言われるのは、UVAが原因です。

さらに、メラニン色素の合成を増やすため、シミが目立ってしまうこともあります。

UVBはUVAよりも影響力が少ない紫外線ですが、肌の表面で吸収されます。

しかし、UVAよりも強いエネルギーを持つため、日焼けをしたり、やけどのような状態になり、シミやそばかすなどの原因にも繋がります。

このように紫外線による影響力は肌に深刻なダメージを与える可能性が多いため、普段の日常生活から気を付けていかなければなりません。

では、どのようにして紫外線から自分の肌を守れば良いのでしょうか?

一つ目は太陽が出ている間は外に出ないことです。

紫外線に当たっている時間自体を減らすことができるので日に焼けたくない夏などには特に効果的です。

また出かける時があるのであれば、日焼け止めクリームは必ず塗り、日よけグッズなども一緒に使うことが大切になります。

また、日焼け自体に有効な食べ物なども積極的に摂取をすることも大事です。

特にビタミンA、C、Eは重要な栄養素となるので、多く含む食べ物を食べるのが良いでしょう。

例に挙げるとしたらトマトなどが効果的です。

また仕事の事情などにもよりますが、紫外線を浴びる量を減らすためにも、外仕事をするのも控えるべきです。

紫外線による肌トラブルは治すのに困難な場合が多いため、しっかりとした対策を常にし続けなければなりません。

特に夏はピークですので、紫外線対策をしっかりしましょう!

紫外線